控除が多ければ多いほど税金は有利になります。会社員の方は医療控除など忘れがちです。自分で申告をしなければならないものはしっかりと確定申告するようにしています。

(注)改正により条件が変わっていたら適宜、修正いたします。詳細は国税庁のホームページでご確認ください。

 

所得控除の種類


申告が必要

1.雑損控除

災害や盗難などで、自分や家族が被害にあった人
 

2.医療費控除

自分や家族の1年間の医療費が概ね10万円を超える人
 

3.寄附金控除

国や地方公共団体、社会福祉法人、認定NPO法人などに寄付した人、政治献金などをした人
申告が不要(年末調整をしている場合)

4.社会保険料控除

国民保険、健康保険、厚生年金、介護保険、後期高齢者医療制度の保険料などを負担した人
 

5.小規模企業共済等掛金控除

小規模企業共済の掛け金などを払った人
 

6.生命保険料控除

自分や家族の生命保険、介護医療、個人年金の保険料を支払った人
 

7.地震保険料控除

地震保険料や長期の損害保険などに支払った保険料がある人
 

8.寡婦控除

妻または夫と死別、離婚し、一定の条件に当てはまる人
 

9.勤労学生控除

合計所得金額65万円以下など、自分が一定要件を満たす勤労学生に当てはまる人
 

10.障害者控除

自分や控除対象配偶者、扶養親族が障害者の人
 

11.配偶者控除

1年間の合計所得金額が38万円以下の配偶者がいる人
 

12.配偶者特別控除

1年間の合計所得金額が38万円以上123万円未満の配偶者がいる人
 

13.扶養控除

1年間の合計所得金額が38万円以下の扶養親族がいる人
 

14.基礎控除

全ての人

 



管理人のMASAです。毎年、確定申告の準備を早めに!と思いながらバタバタで作業しています。年に一度の風物詩、イベントとして楽しみながら作業しています♪

【税理士紹介】

© 2019 確定申告 rss