所得の種類

申告書には所得の種類に応じて金額を各項目に記載します。
自分の所得がどの項目に該当するのか確認してみましょう。

1.利子所得
2.配当所得
3.不動産所得
4.事業所得
5.給与所得
6.退職所得
7.山林所得
8.譲渡所得
9.一時所得
10.雑所得

サラリーマンの給料は「5.給与所得」です。
副収入や年金収入は「10.雑所得」、家を売却したときの売却損益は「8.譲渡所得」といった具合になります。

収入と所得の違いは?

申告書に記入をする際、「収入」と「所得」という言葉が出てきます。
これらの違いは何でしょうか?

・所得:収入から必要経費を引いた金額

つまり、収入がいくらあっても、仕入れなどの経費が多ければ所得は少なくなります。
必要経費が収入を上回ると所得はマイナスになってしまいますね。

所得の計算方法

1.利子所得
預貯金などの利子、公社債投信等の収益の分配など
収入金額=所得

2.配当所得
株で得た配当や公社債投信を除く投資信託の収益の分配など
収入金額ーその元本を取得するための借入金の利子

3.不動産所得
不動産などの貸付による所得。ただし、事業や売却によるものは除く
総収入金額ー必要経費

4.事業所得
農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業から生ずる所得。
ただし、不動産の貸付や山林の譲渡による所得は、原則として不動産所得や山林所得とする
総収入金額ー必要経費

5.給与所得
会社から受ける給料や賞与など
給与収入ー給与所得控除額

6.退職所得
退職により会社から受ける退職手当、退職により支払われる厚生年金保険法に基づく一時金など
(収入金額ー退職所得控除額)*0.5

7.山林所得
山林を伐採して譲渡、または、立木のまま譲渡することで生じる所得。ただし、山林を取得してから5年以内の伐採または譲渡は、事業所得または雑所得とする
総収入金額ー必要経費ー特別控除額

8.譲渡所得
土地、建物、ゴルフ会員権などの資産を譲渡(または売却)することで生ずる所得、建物などの所有を目的とする地上権の設定による所得で一定のもの。ただし、事業用の棚卸資産、山林、減価償却資産のうち一定のものを譲渡することで生ずる所得は除く
収入金額ー(取得費+譲渡費用)ー特別控除額

9.一時所得
上記1〜8までの所得に当てはまらない一時的な所得。
懸賞、競馬や競輪の払戻金、生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金、法人から贈与された金品
総収入金額ーその所得を得るための支出額ー一時所得の特別控除額

10.雑所得
上記1〜9に当てはまらない所得。
公的年金、原稿料、印税など
公的年金等:公的年金等の収入金額ー公的年金等控除額
公的年金等以外:公的年金等以外の総収入額ー必要経費

 

所得課税方法について

 

所得税には二つの課税方法があります。
 ・総合課税
 ・分離課税

1.総合課税
総合課税の対象となるのは、
 利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、一部の譲渡所得、一時所得、雑所得

上記の所得を全て合計して、その合計額をもとに税額が計算されます。

2.分離課税
分離課税の対象となるのは、
 配当所得、退職所得、山林所得、不動産の譲渡所得、株式等の譲渡所得、先物取引の雑所得

所得の種類ごとに分離して(切り離して)、その種類の計算方法で課税が計算されます。

 

 

 

損益通算について

ある所得に赤字(損失)があった場合、所得税の計算をする際に他の黒字の所得から差し引きすることができます。
つまり全体の所得が減るので、算出される税金を低く抑えることができます。

全ての所得が可能というわけではありません。
 不動産所得、事業所得、山林所得、マイホーム売却時の譲渡損失
 →利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得、雑所得が損益通算が可能です。詳しくは税務署で確認することをおすすめします。

 上場株式等売却時の譲渡損失
 →配当所得(申告分離課税を選択)と損益通算が可能

 店頭FX取引の際の損失
 →市場デリバティブ取引と損益通算が可能

それでも相殺しきれない損失が生じた場合は、次の年に赤字金額を繰り越すことも可能です。
ただし、損失が生じた年に損失金額を記載した申告書を期限内に提出しなければいけません。
そして、そのあとの年に引き続いて申告書を提出します。

ここで注意が必要なのは、白色申告の場合は、一部を除いて繰り越せません。
青色申告であれば翌年以降、3年間繰り越すことができます。

 

 



管理人のMASAです。毎年、確定申告の準備を早めに!と思いながらバタバタで作業しています。年に一度の風物詩、イベントとして楽しみながら作業しています♪

【税理士紹介】

© 2019 確定申告 rss